未分類

【ニキビ治療】今まで使用した皮膚科の薬まとめ【すべてご紹介】

投稿日:

筆者「今まで使ってきた皮膚科の薬をここらでまとめたい!!

 

今回はこういった内容でお送りします。

本記事のテーマ

皮膚科治療で使用してきた薬をご紹介する。

 

 

記事を書いている筆者の肌スペック

(2020年現在 年齢26)

  • 超ニキビ肌、超敏感肌、乾燥肌、赤ら顔、ビニール肌 暦 14年(小6から)
  • 2019年からスキンケアを見直し、上記のトラブルが劇的に改善
  • 改善方法→皮膚科治療、角質培養、肌断食、水洗顔、etc.

肌トラブルとの付き合いは10年以上です。

 

信頼できる皮膚科と出会ったのは1年ほど前。

担当医と相談を重ねいくつかの処方薬を試してきました。

 

中には全く合わずにアレルギーを起こしてしまうこともありましたが、諦めずに薬を変えながら治療を続けました。

 

そこからだんだんとニキビの数は減り、今では角質培養や肌断食を取り入れつつ継続的に皮膚科治療をしています。

 

結果、以前よりも滑らかな肌を手に入れることが出来ました。

 

関連記事

【ニキビ治療】神皮膚科に通いましょう【失敗を避ける】

 

 

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、「筆者は皮膚科治療でどんな薬を使ってきたのか知りたい!」という方向けの記事となっております。

 

この記事を読むことで「ニキビに有効だった処方薬、注意が必要だった処方薬」などが理解できます。

 

以下の内容は筆者個人が感じた印象を元に作成しています。

薬の”合う、合わない”や”感じ方”などは人それぞれ変わるものです。

記事の情報だけにこだわることはせず、必ず専門の皮膚科医に相談してください。

 

 

【目次】

①ニキビ治療薬

  • ベピオゲル2.5%
  • ダラシンTゲル1% + ペキロンクリーム0.5%
  • 10%サリチル酸ワセリン軟膏

②皮膚保湿剤

  • 白色ワセリン
  • ヒルドイドローション0.3%

③皮膚の消炎(赤みに)

  • 亜鉛化軟膏

④ビタミン類(錠剤)

  • ピリドキサール錠10mg(ビタミンB6)
  • シナール配合錠(ビタミンC+パントテン酸)
  • FAD腸溶錠10mg(ビタミンB2)

⑤頭皮乾燥治療

  • コムクロシャンプー0.05%
  • ヘパリン類似物質ローション0.3%
  • リンデロンVGローション

 

 

 

ではここからひとつひとつご紹介します。

ニキビ治療薬

ベピオゲル2.5%

ニキビ治療を目的に皮膚科を受診し、初めて処方された薬です。

ニキビの原因菌の増殖を抑えたり、毛穴のつまりを解消してくれます。

副作用がきつく、赤みや痒み、乾燥などを感じました。

肌に合えばニキビ治療にものすごく効果がありますが、もちろん合わない人もいます。

筆者はアレルギーを起こしてしまい、継続使用を諦めました。

 

関連記事

【ニキビ治療】ベピオゲルの副作用が不安すぎる件【大丈夫?】

【やばい】ベピオゲルで肌が溶けた件【アレルギー】

 

 

ダラシンTゲル1% + ペキロンクリーム0.5%

ベピオゲルの代わりに処方されました。

ダラシンTゲル1% と ペキロンクリーム0.5%を合わせてあるクリーム状の塗り薬です。

処方をお願いする薬局によっては別々に渡されることもあります。

これが筆者のニキビには効果抜群でした。

数え切れないくらい出来ていたニキビが全く出来なくなりました。

しかしこちらは耐性菌ができる恐れがあり、効果が薄れる可能性があるため継続使用はしていません。

 

 

10%サリチル酸ワセリン軟膏

現在使用している処方薬です。

こちらを使用してからもニキビはほとんど出来ていません。

耐性菌の心配もないとのことでした。

また角質をやわらかくしてくれる作用があり、角質培養と相性が良いと感じます。

大変重宝しています。

 

関連記事

【完全初心者向け】角質培養の始め方【失敗回避】

【どうすれば?】角質培養とモサ【対策を公開】

 

 

 

皮膚保湿剤

白色ワセリン

肌断食を行っているので保湿剤は基本的に白色ワセリンのみです。

肌表面を保護することで内部の水分を逃がさないようにしています。

伸びが良く、コスパも○。

こちらはお近くの薬局でも手に入ります。

 

関連記事

【完全初心者向け】肌断食の始め方【失敗回避】

【乾燥肌】風呂上りの乾燥から逃れたい【肌断食】

最高の相棒【白色ワセリン】は乾燥肌の味方!おすすめの使い方伝授

 

 

ヒルドイドローション0.3%

乳液状の保湿剤です。

白色ワセリンで保護するまえに肌水分が逃げてしまった場合に使用しています。

筆者の肌では赤みとヒリヒリ感が稀に発生するため、使う頻度は少なめです。

 

 

 

皮膚の消炎(赤みに)

亜鉛化軟膏

ニキビの後遺症として残っている、皮膚の赤みの治療目的で処方されました。

赤みへの効き目は緩やかです。

乾燥を招きやすい薬のせいか、塗った場所に吹き出物が発生してしまい普段の継続使用はしていません。

カバー力があるため、”どうしても”という時の化粧の変わりに使用することがあります。

 

 

 

ビタミン類(錠剤)

ピリドキサール錠10mg(ビタミンB6)

シナール配合錠(ビタミンC+パントテン酸)

FAD腸溶錠10mg(ビタミンB2)

肌を早く回復するための栄養補助剤として処方されています。

毎日の服用のため、目に見えての効果は感じにくいですが肌荒れの頻度は減っています。

朝昼晩それぞれ1錠ずつの服用です。

 

 

 

頭皮乾燥治療

コムクロシャンプー0.05%

頭皮の乾燥を相談した際に処方されました。

シャンプーの代わりに使用します。

筆者の場合はこちらでは効果を感じず、現在は使用していません。

頭皮の乾燥については”湯シャン”や”髪の自然乾燥”を通して改善されました。

 

関連記事

【始め方】湯シャン生活【1年続けてわかったコツ】

ドライヤーを使わないって…アリ?【自然乾燥派】

 

 

ヘパリン類似物質ローション0.3%

頭皮の保湿剤として処方されました。

成分はヒルドイドと変わりません。

こちらは化粧水のような透明のシャバシャバした液体です。

頭皮トラブルの改善と共に使用頻度は少なくなりましたが、特に乾燥が気になる日には使うこともあります。

 

 

リンデロンVGローション

頭皮の痒み、赤み、はれなどを改善するために処方されました。

頭皮トラブルが酷かった際、痒みに効き目を感じました。

頭皮トラブルが改善されはじめてからは使用していません。

 

 

 

まとめ

以上が今まで使用してきた処方薬のまとめです。

 

薬は

  • 人によって向き不向きがある
  • そのときの症状の重さでも変わる
  • 使い続けることが出来ない薬もある

ため、何か気になることがあるのならその都度担当医に相談しましょう。

 

そのためにも、まずは親身になって話を聞いてくれる先生を見つけなければいけません。

通ってみて「ここは合わないな」と思った場合は、別の病院に行ってみることも選択肢に入れてください。

 

 

 

終わりに

キリッとした表情の人のイラスト(女性)

いかがだったでしょうか。

 

今回は筆者が今まで使ってきた処方薬についてまとめさせていただきました。

自分に合った薬を見つけることが、ニキビ撲滅の近道となります。

勇気を出して皮膚科の先生に相談しましょう。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

 

ではまた。

ばしりこ

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-未分類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ニキビ治療】これまでの失敗と後悔

筆者「現在ニキビで悩んでいる方が筆者と同じような回り道をしないよう、今までのニキビ治療での失敗と後悔について語りたい。」 今回はこういった内容でお送りいたします。     &nbs …

ビニール肌

【実話】○○をやめたらビニール肌が劇的に回復した話【具体的な方法5つ】

こんにちは! 肌トラブルと戦っている26歳ばしりこです。 戦闘暦は10年以上! いくつもの挫折を乗り越えてきた経験を生かして皆さんのお力になれればと思います!       …

ドライヤーを使わないって…アリ?【自然乾燥派】

  ドライヤーが面倒くさい人「お風呂上りのドライヤーの時間が憂鬱です。暑いし、腕が痛いし、心なしか頭皮にも良くない気がします。ドライヤーを使わずに上手く髪を乾かす方法ってないですか?教えてく …

【まとめ】お肌のミニマリストがやめたこと6つ【常識を疑った結果】

筆者「スキンケアのミニマム化をはじめて約1年。ここらで過去と現在のスキンケア方法についてまとめたい。」 こういった内容でお送りします。     本記事のテーマ 現在まで行ってきたス …

【重要】ニキビ撲滅【はじめに読む】

こんにちは、ばしりこです。 小学生のときから肌トラブル(ニキビ、赤ら顔、乾燥肌、etc.)と戦っている26歳の女です。   2019年をさかいに肌荒れが急激に改善してきたので、同じように悩ん …

小学生のときから肌トラブル(ニキビ赤ら顔乾燥肌、etc.)と戦っている26歳の女

2019年をさかいに肌荒れが急激に改善してきた!?

 

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930