未分類

【ニキビ治療】これまでの失敗と後悔

投稿日:2020年2月26日 更新日:

筆者「現在ニキビで悩んでいる方が筆者と同じような回り道をしないよう、今までのニキビ治療での失敗と後悔について語りたい。

ノートパソコンを使う女性のイラスト(横向き)

今回はこういった内容でお送りいたします。

 

 

 

こんにちは、ばしりこと申します。

このブログサイトは、筆者である私が実際に経験した、肌トラブルとその克服方法について主に触れています。

 

そのためこの記事に辿りついたということは、あなたにも何らかの肌トラブルで悩んでいる最中なのだと推測します。

 

本記事では筆者が今まで経験した失敗、後悔をご紹介することで、

  • 希望
  • 勇気
  • 選択肢

を持っていただき、最善かつ最短距離で肌トラブルを解決して欲しいという狙いがあります。

 

今まさに同じ悩みを抱えている方の道筋になれば幸いです。

 

 

本記事のテーマ

ニキビを克服できた今だから伝えられる、ニキビ治療の失敗と後悔について語る。

 

 

 

 

経験:今まで肌にしてきてしまったこと

 

 

小学生編:美容に関して無知すぎて健康な肌を傷つけまくった

小6、美容に興味をもちはじめてしまい……。

黄色い通学帽のイラスト(ハット)

  • 肌がつるつるになると勘違いしてボディタオルで顔を洗い、血だらけに
  • 傷は回復したものの毛穴が目立つようになる
  • ティーンズファッション雑誌に紹介されていた、かなり洗浄力が強い洗顔料、化粧水、美容液、etc.に手を出す
  • 使うと肌がヒリヒリしていたが効いている証拠だと勘違いして使い続ける

結果、肌の土台がボロボロに。

 

10年以上の肌荒れの根源はこの頃にあったと思います。

おそらく、ここから肌のターンオーバーが大きく崩れてしまったのだと思います。

根本の原因(ボディタオル)が明確に分かっているため、思い返すたびに悔やまれます。

 

 

また、この頃くらいから美容に興味を持ち始め、かなり好奇心旺盛になりました。

知識のなさから雑誌の情報を鵜呑みにして自分には合っていない化粧品を使い続けてしまいました。

気がついた頃には取り返しのつかない状態に……。

 

好奇心に任せて健康な肌を失うことになりました。

 

 

中学生編:大量のニキビが発生

中学生、ニキビが顔中にできはじめ……。

やる気のない中学生・高校生のイラスト(女子)

  • 鼻の角栓が目立つようになり、毛穴パックに手を出す
  • クレンジングを始める
  • 洗顔を1日3回以上行うようになる
  • 市販のニキビ治療薬を試しまくる(効果なし)
  • 鏡を見るたびにニキビを潰し、傷跡だらけに
  • 鼻の角栓を押し出すのにハマる

結果、いじくり回した刺激によって超敏感肌に。

 

毛穴いじりに過剰なスキンケア。

今思えば恐ろしいことばかりしていました。

何が正解かも分からずただただ手探りでニキビと戦っていました。

 

誰に相談しても「思春期だからね~」とまともに受け取ってもらえませんでした。

 

ニキビとの長い戦いがはじまりました。

 

 

高校生編:思春期とニキビ

高校生、ニキビ顔により自信が喪失し……。

泣きながら歩く学生のイラスト(女子)

  • 皮膚は薄く、常に赤みがあり、大量のニキビと毛穴の開きに絶望
  • 勇気を出して行った皮膚科が自分には合わず、より悪化することに
  • 皮膚科への信頼感を無くす
  • 人の目が恐くなる
  • 写真と鏡が苦手になる
  • マスク依存症になる

結果、暗い3年間を過ごしました。

 

思春期真っ盛り。

人の目を気にするようになりました。

顔を見られるのがとても恥ずかしく常に下を向いていたので、周りには暗い印象を与えていたと思います。

キラキラとした青春とはかけ離れていました。

 

勇気を出して行った皮膚科では、流れ作業のように診察された上、処方された薬によってよりニキビが悪化してしまいました。

皮膚科に対する不信感が芽生え、通い続けることはしませんでした。

頼みの綱が途切れて絶望しか感じませんでした。

 

このときに別の皮膚科で相談していたら……..。

あまり考えないようにはしているのですが、やっぱり後悔が強くあります。

あの時もっと勇気があれば、今よりも素敵な肌にめぐり合えていたのではないかと思います。

 

 

社会人編:接客業は化粧が必須

社会人、ボロボロのお肌では……。

エプロン姿の女性の表情のイラスト「泣き顔」

  • 接客業に就職し、マスクの禁止&化粧を義務付けられる
  • 弱った肌が化粧品の刺激に耐えられず、膿んだニキビが大量に発生
  • 肌がボロボロすぎて化粧がノらず、何度も重ね塗り
  • それに伴いクレンジングも念入りにしなければならず、皮膚がどんどん傷つく

結果、知人から「その顔、ちょっとやばいんじゃない」と言われるレベルに悪化。

 

接客業ではマスクをすることが出来ず、不特定多数に顔を見られる状態が精神的に苦痛でした。

更に、化粧を義務付けられたことでこれ以上無いくらいの酷い肌に。

 

肌を隠すために化粧が厚くなり、化粧を落とすために肌を傷つけるという悪循環に陥ってしまいました。

 

 

考察:どうすればよかったのだろうか

双眼鏡を覗く人のイラスト(女性)

  • 雑誌などの情報を鵜呑みにせず、自分の肌がどう感じているかでスキンケアの「合う・合わない」を見極める
  • 過剰なスキンケアで肌質が良くなることは絶対にないということを理解しておく
  • 皮膚科には「良い皮膚科・良くない皮膚科」があることを知っておく

 

知っている

ことはかなりの強みになります。

知っていれば、失敗を事前に回避することにつながります。

 

化粧品を売り込むための情報に惑わされず、自分の肌と向き合うことで自分に適したスキンケアを見つけていきましょう。

 

筆者はどうやってニキビを克服したの?

修復方法→【皮膚科治療肌断食、水洗顔、角質培養】※

信頼できる皮膚科を見つけ、出来るだけ肌に余計なことをしないことが成功の鍵でした。

今までしてきたことはすべて悪い影響しかなかったのだと思い知らされることとなりました。

シンプルなスキンケアが筆者には合っていたようです。

 

 

※以下の記事で詳しく解説しております。

【完全初心者向け】肌断食の始め方【失敗回避】

【賛否両論】水洗顔って結局どーなの?【乾燥肌】

【ニキビ治療】神皮膚科に通いましょう【失敗を避ける】

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は筆者の経験を元に、同じような失敗をして回り道をしないよう、今までのニキビ治療での失敗と後悔をご紹介させていただきました。

 

大切なことは

知識を出来るだけ増やすこと

です。

失敗を経験しすぎると肌のダメージは取り返しのつかないことになってしまいます。

出来るだけ失敗を減らし、最短距離で治療することが出来れば、それだけ綺麗な肌に近づけるチャンスとなります。

 

この記事がその情報源になれば幸いです。

 

ではまた。

ばしりこ

 

 

 

 

 

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライヤーを使わないって…アリ?【自然乾燥派】

  ドライヤーが面倒くさい人「お風呂上りのドライヤーの時間が憂鬱です。暑いし、腕が痛いし、心なしか頭皮にも良くない気がします。ドライヤーを使わずに上手く髪を乾かす方法ってないですか?教えてく …

最高の相棒【白色ワセリン】は乾燥肌の味方!おすすめの使い方伝授

こんにちは、ばしりこです。 小学生のときから肌トラブル(ニキビ、赤ら顔、乾燥肌、etc.)と戦っている26歳の女です。 2019年をさかいに肌荒れが急激に改善してきたので、同じように悩んでいる方に情報 …

行動する【第一歩の踏み出し方】

  やりたいことがあるのに行動できていない人「やりたいことがあります!!でも時間がありません。毎日毎日疲れきっていて心の余裕もありません。このまま今の状態が続けば後悔をすることは目に見えて分 …

【まとめ】お肌のミニマリストがやめたこと6つ【常識を疑った結果】

筆者「スキンケアのミニマム化をはじめて約1年。ここらで過去と現在のスキンケア方法についてまとめたい。」 こういった内容でお送りします。     本記事のテーマ 現在まで行ってきたス …

何かを続けるコツ【モチベーション維持】

やる気を失ってしまった人「モチベーションが急降下。最初はすごくやる気があったのに……。なんで。助けて。」 こういった疑問に答えます。     はじめの頃は順調だったのに、どんどんモ …

小学生のときから肌トラブル(ニキビ赤ら顔乾燥肌、etc.)と戦っている26歳の女

2019年をさかいに肌荒れが急激に改善してきた!?

 

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930